上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 反対では ないのです。
リスクが減るし とても良い事だと思っていますが、
懸念しています。

 現在の販売方法、ペットショップやネット販売。
繁殖者の問題(ブリーダーとは言いません)。
これらの事を考えると この「8週齢~12週齢以下禁止」を
声を挙げてよいものかどうか 私は考えてしまいます。

 親犬と一緒にというのは よいことですが、
犬社会で暮らす事になるのでは ありません。

 人間社会の中で暮らす事になるので、
繁殖者が その間のケアができるとは思えないのです。
ブリーダーとは 犬の事を理解して きちんとケアができる方です。

 今の現状では この問題だけが先行してしまいそうで不安です。








 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/27 09:10】 | 我が家の犬猫たち
|
 春がきました。
花粉の飛散も いよいよ本格化してきています。

IMG_3988.jpg
春一番で ボサボサに

 保護犬君たちだけ 早々に換毛期

 





 
 







FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/26 09:39】 | 我が家の犬猫たち
|
IMG_4053-a.jpg
昨年は ミスティーと同犬種のこが 何頭も亡くなった記事を目にして
それも ミスティーより年下のこが ほとんどで・・・

 今年は ミスティーの写真ばかりになっています。
カメラは苦手でも 私といると いつも口を開けていて・・・
ニコニコです。
君は鼻が悪いのかい?って・・・・



IMG_4067.jpg
太り過ぎというくらい 毛量が・・・
特に今日は湿気があるので アンダーコートが起っています。
余計に太く見えます。







IMG_4060.jpg
「おかたずけ」は ちゃんと自分で咥えてね。






FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/24 22:15】 | 我が家の犬猫たち
|
IMG_4078.jpg
ジェスロと遊んでいたら ミスティーにガン付けられて
「あっ!あっ! ごめんなさいです」




IMG_4082.jpg
ジェスロ、ミスティーに相手をしてほしくて様子伺いに・・・
「いや」と言われて 仕方なく離れていきました


 ミスティーの眼力ってすごいんです。
さすが、ハーディング犬。
 私が ジッと睨むと 
「お母さ~ん! なでて!なでて!」って。 








FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/23 12:49】 | 犬里親様募集中
|
我が家の犬たちも 欠点を抱えています。
この欠点は 私がもう少ししっかりしていたら防げる事でした。
(今からでも遅くないと考えて ちょっと頑張っています)

 現在は 犬への様々な研究や考え方の下
「リーダー論」は 間違いで、「犬は 群れをつくらない」など
私がずっと教えられてきた考え方と大きく変化してきています。
一方で 「リーダー」になる必要「群れをつくるもの」というのも
依然として存在しています。

 私たち飼い主は いろいろな考え方や躾方法がありますので、
どれを選べばよいのか悩んでしまいます。
本当のところは どうなんだろうと・・・

IMG_4089.jpg
スリッパを咥えて 「持ってきました」
「そこに置いただけなのよ」「でも ありがとう」


 
 私が小さい頃、田舎では 放し飼いが普通に行われていた頃、
5~6頭から7~8頭が 群れになって 他所の家の鶏小屋を
襲ったりという事もありました。
そういう所を見ると 『群れ』という考え方も一理あるなと 思います。

 環境の変化もありますが、
ひょっとしたら 現代は ブリーディングが進み
犬自体が変わってきたのかも?という風にも考えます。
これは 私が感じた事で 科学的・研究の根拠を持ちません。


  




FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/22 13:33】 | 我が家の犬猫たち
|
 ラブ君を散歩させていたら
「いつも きれいな毛並みですね」
「かわいくて お利口さんですね」
だって!! 褒めていただきました。

 ブラッシングは大好きなので 毎日欠かした事がないのですが
『お利口』っていうのはね、少し?なんです。

外では すれ違い時にどんなに吠えかかられても 無視しているし、
リードを引かないし、ちゃんとお座りして待っていられるしで 
『いいこ』なんですけれど・・・

 お家では ゼンマイ仕掛けのおもちゃみたいで、
ちょこまかちょこまか・・・・

IMG_4093.jpg
部屋を出ていくと こうして待っています

 家の中では マーキングも基本的にはしないのですが、
興奮しすぎたり、不安になったりするとマーキングしてしまう事があります。







FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/21 16:31】 | 犬里親様募集中
|
IMG_3985.jpg

 コッポラ総指揮の「ワイルド ブラック」(少年の黒い馬)という
映画をご覧になった事があるでしょうか。
1940年代 少年は 野生の荒馬と同じ船に乗りあわせますが
嵐の為 船は沈み、 父とはぐれてしまいますが 
馬に助けられ 無人島に辿り着きます。
少年は 馬と交友を深めていきますが、 ある日船に助けられます。
その時 少年は 馬を呼びます。
馬は 迷いますが  少年を追い 海へ泳ぎだします。
馬が野生を捨てた瞬間です。


IMG_4028.jpg


 ミスティーが まだ若かりし頃
土手で呼び寄せたところ、すぐ近くにちゃんと道があるにも
かかわらず、 直線距離を選んだのです。
まっすぐ 3mほどの高さを 私を目標にして。

ミスティーのマイブームだったらしく 禁止させられるまで
何回も・・・・ニコニコ顔で 飛び込んでくるのです。

学習しない飼い主の顔や肩には 当然のように痣ができていました。





FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/19 00:10】 | 我が家の犬猫たち
|
 ジェスロもそうですが、ミスティーも 何かを怖がるとき
顔の向いている方向、進行方向に向かって逃げようとします。

 ミスティーで試したことがあるのですが、
逃げようとしたときに 自由に動けるようにすると
余計に興奮が増し、興奮が興奮を呼ぶようになります。

IMG_3980.jpg
 

 こうした犬に対して 私は「座れ」をさせます。
でも 怖がって逃げようとしますから 力の弱い私は
前に立ちます。
怖がりの種類によって 他の方法もあると思いますし、
この方法ではダメな犬もいると思います。
その時には その時の別の方法を試せばよい訳です。

IMG_4037.jpg


 応用として 
ラブ君の散歩時の犬への吠えかかりも同じように
「座れ」をさせ、前に立つ事によって
吠えなくなりました。
今では どんなに吠えられていても 完全無視です。
時々 私の顔を見上げて 「これで いいのね」と
確認していますので 「イエス」と答えてあげます。
そうすると 安心するようで また、歩き続けます。










FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/18 09:25】 | 犬里親様募集中
|
 近頃のミスティーさん
「わたしは 特別でしょ!!」とばかり
IMG_4013.jpg
「待って」と言っても しばらくすると
IMG_4018.jpg
待ってないし、全く困った子ちゃんなのです。

 娘の携帯ストラップが お気に入りで
バッグから いつの間にか携帯を引っ張り出して 
自分の側に置いていて ちょっとベチャベチャという事もありで・・

そういう一つ一つが とても愛おしくて・・・・

なのに 保護犬のジェスロやラブ君の馴致をしている時などは
邪魔しません。
間に入ってきて 「私が先よ」も無しです。

 いつもなので ちゃんと解っているとしか思えません。

犬って 私が思っているよりずっと 
多感で繊細で 面白いと思います。



 


 



FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/17 10:41】 | 我が家の犬猫たち
|
 警察犬のような訓練は 我が家ではしていません。
(したくても できませんが・・・することも考えていません)
当然 鼻を使って 辿っていく事も教えてはいません。

 「探し物ゲーム」は ミスティーが大好きな遊びです。
『さがせ』で 好きなように自由に 探してもらいます。

原っぱっで地面におもちゃを置くと 結構早く見つけてしまいます。


IMG_4016.jpg
なので、近頃は 公園で木の上や物の上に 置くようにしています。


IMG_4027.jpg
 最初は 公園を大きく ただ回っているだけのように見えます。


IMG_4020.jpg
「この辺かも?」と アタリを付けたりしています


IMG_4038.jpg
この時には 鼻を使っているようです
クンクンと 臭い取りをしています


IMG_4026.jpg
目視の確認も 行っています


IMG_4039.jpg


IMG_4041.jpg
だいたいこの辺りと見当を付けると 「目」で確認をします


IMG_4040.jpg
最終的には 目で確認して ゲット

他のお家では どうかわかりませんが、
我が家では 前の犬たちも皆 だいたいこの様な手順で
探しておりました。








FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/16 16:18】 | 我が家の犬猫たち
|
IMG_3925.jpg
引っ付き虫



IMG_3939.jpg
「ふぅ~、ちょっと窮屈です」
空いてるところあるんですけど・・・



IMG_3944.jpg
やっぱり もとのまま寝てしまいました




FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/15 21:35】 | 我が家の犬猫たち
|
IMG_3949.jpg

 今でも ミスティーに試されている毎日です。



IMG_3972.jpg
「ゴー ストレイト」で 50mほど走らせ 
「ターン」で戻って来た所
おやつも褒め言葉も必要ない・・私の側にいる事が好きと言える



 基本的には同じことでも
その犬によって 体力的な違いか 精神的な違いか
特に 精神的なものが 辛い。
ミスティーは 他の犬よりハードエネルギーが必要です。

 でも、それだけ・・・

余計な手間をかけた分だけ 信頼も深くなります。
ラッキーなことだと思います。







 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/14 12:26】 | 我が家の犬猫たち
|
 私とミスティーとの恐怖への戦いが始まりました。


IMG_3952.jpg


 最大限の興奮状態にある犬をご覧になった事があるでしょうか。

 目は血走り、何も聞こえない、力いっぱいの抵抗。
あるのは 恐怖から逃げる事だけです。 

 私が行ったことは ただそこに「座れ」という事だけ・・・
落ち着いたら 歩き、恐怖が彼女を支配したら 「座れ」。
けれども そんなに長い時間ではありません。
3分もそこに居なくて大丈夫。


 普通に歩いたら 10分かからない距離を 30分以上かけて・・・
彼女の前に立ち 「座れ」と・・・・
時には強い口調で、時には 静かに。

 彼女が ほぼ普通に歩けるようになったのは 
10日くらい経った頃だったでしょうか。

IMG_3966.jpg








  
 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/12 12:56】 | 我が家の犬猫たち
|
IMG_3895.jpg

 ミスティーが我が家に来た当時、「リーダー」「叱らないしつけ」や
「アイコンタクト」 「カーミングシグナル」などの方法や言葉が
一般の飼い主にも知られ始め、私も「強制訓練」と言われるしつけ方に
罪悪感のような物を持っておりましたので
早速、ミスティーにも そのように対応しておりました。

 以前にも書きましたが、2歳前に主人を主たる飼い主にと考えた時、
ミスティーの心は壊れました。
『本当だろうか?』と信じられないと思います。
私も そのような犬がいるなんてと 信じられないのですから・・

 ミスティーは 散歩では どんな方とも どんな犬とでも
穏やかに接する事ができます。

 でも、その時は 一歩外に出たら、何もかもを全てが恐怖です。
酷い変わり様でした。
狂ってしまったという方が正解かもしれません。
1km先の音も怖い、自動車運転席に人がいるのも警戒。
他所の人が門から出ていらしても警戒吠え。
戸を閉める音さえも怖がるのです。

 それまで 毎日の散歩は欠かした事がありません。
しかも 十分な時間をです。
いろいろな経験もさせ、それまで多少のシャイは見られましたが
気にする程度では ありませんでした。
徐々に変化があったなら
私に 解ったはずです。
ほんの1週間で 変わってしまったのです。

 何がそうさせたのでしょうか。

 そして なにがミスティーから恐怖を
取り除いたのでしょうか。






 

 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/11 19:34】 | 我が家の犬猫たち
|
IMG_3817.jpg

 小さな子がいらっしゃると 犬も一緒にというのは、お母様の負担が
大きくて大変だと思いますが、できるなら、犬の為にもお子様の為にも
一緒に育てて下さったらと 思っています。

 ただし、放任で お子様のおもちゃになったりするようですと
犬にとっては ストレス負荷がかかり過ぎてしまいますので
ご両親の役目は 重要になってくると思います。

 お子様が小さいときは ちょっと大きめの犬が良いかと思います。
力加減の解らないお子様でも 中型の犬ですと それ程負担に
ならないようです。
我が家の下の子が 2歳前に ラブラドールを飼い始めましたが
ふりふりしっぽが 下の子にあたっただけで 飛んでいました。
怪我も無く 逆に 犬の事はほとんど気にしないで大きくなりました。

 犬にとって 子どもたちが飛んだり跳ねたりして 騒ぐと、
ストレスでどうにかなっちゃうんではないかと考えます。
結構 それには慣れてしまうようで、他所のお子様が騒いでいても
吠えないでいられたり、音シャイの性格の犬には お家の中で
音があったほうが むしろ良いくらいだと 考えています。

 「お散歩で慣らせば」との方法もありますが、生活そのものと
外の環境では やはり、犬にとって大きな違いがあるように
思います。
お子様と一緒にいろいろな経験を重ね、楽しみ、という環境が
犬にとってもより良い事なのでは と思っています。



 

 



 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/07 14:12】 | 我が家の犬猫たち
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。