上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ジェス、君は何ていいやつ。

て、タムにバカにされているだけですから・・・


ジェスがナイラボーン中、彼が足に挟んだナイラボーンを
「ウ~」と唸って顔をそむけさせ、

IMG_5559.jpg


その隙にナイラボーンを奪い取ってゆきました。


 そうきたか~




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/29 07:48】 | 犬里親様募集中
|
IMG_5504.jpg
 


犬の群れでリーダーシップをとる犬は
生まれ持った性格の犬がなるのでしょうか。

 我が家の犬たちをみていると
先ず第一に 年功序列。

第二に 早く家族の一員になったもの。

第三に 飼い主により近い個体。

が、あるかなあと思います。


 第三のに関しては、リーダーシップをとる犬は
より飼い主の近くにいるようになる、ということと、
同時期に我が家に保護されたとしても
条件の違いから 家と戸外でとなった場合の違いが ありました。

 ペロやミスティーの場合では、
犬の中では 必ずしもリーダー気質ではないように思えます。

 一人の時は それが如何なく発揮され、従順で飼い主の意向を
実行しようと努力します。

 やがて2頭目、3頭目の犬が我が家にやってきた時、
後からやってきた犬たちは、我が家に馴染む為に
ペロやミスティーから習います。

 そうした事によって 自然の流れでリーダーシップを
とるのではないかと思うのです。

 では、リーダー気質の犬がきたらどうなるかというと、
先住犬の真似をしなければならないので、威張る余裕がない犬
がほとんどで、何年経ってもリーダーシップをとる事は
ありません。
また、タムのような犬は 自分の意のままにしたいがために
いろいろしますが、それでは他の犬たちは仲間に入れません。
又、私がそれを許さないので、実現しません。

他所では それではうまくいかないから、リーダー気質の犬に
譲らせなさい。という指導もありますが、

我が家では 家の事を一番理解している犬がリーダーシップを
とるべき、と考えているので。

 それでは犬たちはうまくいかないのでは・・・
そんな事はなくて、犬たちはいたって穏やかに暮らしています。

 我が家の犬たちは与えられた環境と役割を
自らの気質をこえて生きています。


IMG_5485.jpg









FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/28 11:00】 | 我が家の犬猫たち
|
 私事ですが、
メディカルアロマを学び、それが有効な事は自身で試して
理解していますが、
もう一歩踏み込んでいくと、医薬品と同じように
副作用や身体に与える作用を考えなければならない領域だと
思いました。

 昨年の石鹸に含まれる大豆成分によるアレルギー。
皮膚から吸収される事への認識不足。

 震災後の夏、アロマを使ったスキンローションで
入浴ができない時にどのように役立てるかと
自身で実験してみました。

 結論から言うと、有効だと考えています。
汗疹による発心や痒み、汗臭さもなく 一週間過ごせました。

 ただ、普段から使い慣れていない方などには
アレルギーの問題があります。

 この件に関しては、特にアレルギー報告がない
「ラベンダー・アングスティフォリア」を薄めに用いて
解決するかなと考えています。



 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/27 09:09】 | メディカルアロマ
|
 お散歩で、コリー2匹を連れたお父さんとお子さんに
会いました。
 お母様とはご挨拶もするし、男の子のコリー君とは
他のみんなは 挨拶もできるのだけれど・・・

 タムと散歩だったんで、避けていたら、
コリー君たちクンクンとタムの方に寄ってきました。

 タムには「下がっていなさい」と言ってあったので
私の後ろにいたのですが、
コリー君たちが近づいてきても、草の臭い取りをしていて
寄って行きません。

 私は「それ以上は ケンカをすると思います」と
お引き取りをお願いいたしました。

 タムは 私の側にいる事が安全だと確信しているように
なりました。

 前の飼い主さんが見たら、もう一度飼いたいと思える犬に
なりました。


IMG_5494.jpg
ガムやフードに執着が酷かったタムとは思えないでしょ


 わざと興奮させてガウガウしても、「止めなさい」の
一言で収まります。

 吠えて来客を知らせたり、電話の音にも反応しますが、
「静かに」で止める事もできます。

 後一歩です。
興奮してもガウガウ犬になっては いけません。


IMG_5487.jpg
手をどけたら タム怒るかなあと聞いています
「大丈夫でしょう」と私は 目で合図します



 タムのような犬と接すると、本当にもったいない・・と
いつも思うのです。
素晴らしい犬なのに・・何故ダメにして捨ててしまうのかと・・

 飼い主さんにとっても 一生の内で一度出会えるかという
名犬なのに・・
本当にもったいない・・・

 その分、私は何頭もの良い犬と暮らさせてもらって
幸せな飼い主です。
・・・ミスティーと一対一で暮らすのが一番よいんですけどね・・





FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/26 19:44】 | 犬里親様募集中
|
IMG_5501.jpg
何か指示があるのではないかと待機中


 我が家の犬たちは、鼻に皺を寄せて威嚇の表情をした事がないと
最近になって気がつきました。

 ところが、保護した当初 この表情をする事が多々あります。
咬む咬まないはありますが、「いやだよ」と表現する時に
鼻に皺を寄せて歯を見せて表現します。
あんまりしつこくすると、おそらく咬むでしょう。
しつこ過ぎず、屈せずというところまで私はするのですが・・・

 タムは勿論の事、ジェスもこの表情をしますし、
ヴァレリーもデイジーも例外ではありませんでした。
リーもデイジーも人にはしないのですが、犬に対しては今でも
希ですが、しています。
(タムとジェスにだけです)



IMG_5513.jpg
うっとり・・・微睡んで


 今までの犬たちは この表情をしなくなったのですが、
タムとジェスロもやがて消えていく事になるでしょう。

 鼻に皺をよせ、牙を見せなければならない表情というのは
家庭犬にとって必要のない事なのだと思います。


FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/24 08:59】 | 我が家の犬猫たち
|
 散歩から帰ったら、玄関に入る前にパッドを洗い
玄関先で軽くブラッシングとタオルマッサージ兼毛先の汚れ落とし、
で、順番にきれいに足を拭くのですが・・・

 ジェスは1年6か月が経とうとしているのに
毎度毎度 前脚を廊下に乗せてしまいます。

「まだよ」と言っても 理解してくれません。


IMG_5482.jpg
何やら密談中?のふたり



 先日、「あっ、」と思い立ち、

「体拭く」「おしり拭いて」「前脚上げて」「拭く」「下す」
「後ろ、上げる」「拭く」「下す」「はい、OK」と

一つ一つの動作を 分解して言葉にし、
ゆっくり行ってみました。

 そうしましたら、あ~ら不思議。

できないと思っていた事が 簡単にできているじゃありませんか。

 しかも、後ろ足なんて ジェスが自分で上げているので、
負荷がかからず、とっても楽。

 他の犬はこうだからが通じない、規格外の性格の犬たちは
今までずっと出会ってきたはずなのに・・・
学習していないのは、飼い主の方だったという
お粗末なお話でした。





 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/23 11:27】 | 犬里親様募集中
|
 「甘噛み」というのは悪いというイメージがありますが、
 とても重要な事なのではと思うようになりました。


 ジェスロは成犬になって我が家に辿り着いた訳ですが、
ものすご~いKYな奴でした。
 まだ子犬の気分なんです。

 甘噛みも人であれ犬であれ、時と場所を選ばずに
自分が遊びたい時に。
力の加減も理解していません。

 体格も体力も持久力もすべてジェスロが勝っているのですが、
ミスティーは 怒らず叱らず、ただ一緒に遊んであげていました。
ミスティーは 他犬にはガウガウ遊びはしないのに。

 その遊びの中で ジェスロは
噛む強さや他の犬への配慮など覚えていったんではないかと
思います。
他犬に対して ジェスロはミスティーから学びました。

一方 私に対しても 甘噛み遊びは並行して行われていました。
私に行われたことは、私が教えます。
「痛いっ」
 本当は痛く無くても、甘噛み遊びをしたら
「痛いっ」


 2か月位の子犬では まだまだ不十分で、若犬になっても
この噛み遊びは続いています。

 飼い主さんの所にいった時は、今まさに甘噛みの練習中。
この時、人は ただ拒否するのではなく
犬の甘噛み遊びに付き合いながら 人の皮膚の弱さを教える。

そうして覚えたことは やがて、小型犬や他の動物に対する配慮へと
つながっていくかもしれないなあと考えました。








FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/20 18:46】 | 我が家の犬猫たち
|
 午後2時ころから2回、直下といえる地震がありました。
揺れ自体は それほど大きなものではありませんでしたが、
ドン!!と下から突き上げる揺れと音で
震源が近い事がわかりました。

 さて、我が家の犬たちと猫たち・・・
猫たちは 「なんだ!?」と目を大きく開けども
その場で動くことはありませんでした。

 犬たち・・・
タムは 「ワンワン!」とうるさい。
ヴァレリーとデイジーは うろうろ動き回り、
ジェスロは ブルブル震え、私の足元に逃げ込んできました。
「静かに」の声に みんな私の所に集合。

 ミスティーは 一度目こそ驚いた様でしたが、
「ステイ」でその場で動かず、私をジッとみつめて次のサインを
待ちます。
 二度目は 「もういいや」とでも思ったようで
振り返りもせず 休んでおりました。

 ミスティーは 地震雷火事(火)など 若い頃は
たいそうな怖がり(パニック状態)の時もありました。

 でも、それが彼女だけの責任でないのは
今のミスティーを見ていて よく理解できます。

 飼い主の私の一挙手一投足に 原因があったのです。
もともとのミスティーの性格に一因はあったにしても・・・

 変わることは可能だとタムやミスティーが 教えてくれました。

 




FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/18 17:20】 | 我が家の犬猫たち
|
 透き通るような美しい声の持ち主は たくさんいらっしゃるけれど、
輝いていて、ぶれない強さを併せ持っている歌声だと思います・・・


 なぜ 生き急ぐのでしょうかねえ。

 
  ご冥福をお祈りいたします








【2012/02/14 09:08】 | 雑記
|
IMG_5491.jpg
ナイラボーン中のタム



IMG_5490.jpg
となりに ミスティーがいても他の犬がいてもOK

 
 ガウガウからガジガジへ変わっていきます。







FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/09 13:52】 | 犬里親様募集中
|
 犬は多少の幅はあっても、繊細な心を持っています。
あまりに繊細すぎると 臆病というマイナスの面が強く表れます。

 ミスティーは とてもビビりな犬です。

飼い主をよく観察していたり、外の世界も注意深く観察していると
いえると思います。

次に起こる事柄を予想し 行動したりします。

 雷や地震や花火が苦手というより、パニックになっていました。

ところが、昨年の災害以来 私と一緒だと
震える事さえも無くなりました。

 あの時、倒れそうなTVをガッシと支え、
犬たちに「静かに待つよう」に言い、
揺れが収まった時に ガッハッハと豪快さをみせました。
(あまりの酷い映像に 私自身は我を失っていたかと・・・)

 あれ以降 地震や雷などの時、私を注視します。

私が動かなければ 犬たちも動じません。

 ビビりな犬に対するヒントがここにあるように思えます。
結構、飼い主の関わり方で いっそうビビりを増長させてしまって
いるのかもしれません。


 犬は、幼子の繊細さと観察力を持っているし
親を頼る幼児の心も持っているようです。


IMG_5479.jpg
紫芋が安く手に入ったので チップスを作ってみました。
天日干ししてあるので、甘さが増します。
あっという間に食べてしまって これだけになってしまいました。









 


FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/04 22:35】 | 我が家の犬猫たち
|
 タムは 酷い咬み犬でした。
フードに対する執着も 酷過ぎ・・・
だってケージの下に(ケージの外の)こぼれた一粒のフードでも
誰かが近づいただけで がうがうぎゃうぎゃう。
犬たちは理由がわかっているようでしたが、私は????

 今は 口を開けては無理ですが、「出せ」で、
吐き出してくれます。

「どうしたら 直るの?」の問いかけに
「信じる心」と カッコよく答えた私ですが、

続きがあります。

信じる心は タムを・・ではなく、 私自身に対してです。

カッコ良くないんです。

絶対やってやるからね、という心を持続させる自分を
信じてあげることでしょうか。

飼い主さんが めげていたら、犬は変われません。

 

 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/03 14:44】 | 犬里親様募集中
|
IMG_5382.jpg
 

 散歩ですれ違う時我が家の犬たちは、たいがい複数頭なので
できる限り端っこに寄って「すわれ」をさせています。

 すれ違い時、パピヨンの飼い主さんが
「おとなしいですね」と声をかけて下さいました。

「ありがとうございます。 本当はおとなしくはないんですよ」
と申しましたら

 「いえ、おとなしいです」
と断言されました。

ん? おそらく今、静かに通り過ぎる事ができる状態を
おっしゃっているのだろうと推察されますが、
断言されている事が 何か面白いと思いました。

こういう事って他の事でも よくあるんです。
飼い主が違うと言っているのに・・・・

ちょっと変ですね。






FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/02/02 15:13】 | 我が家の犬猫たち
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。