上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_3895.jpg

 ミスティーが我が家に来た当時、「リーダー」「叱らないしつけ」や
「アイコンタクト」 「カーミングシグナル」などの方法や言葉が
一般の飼い主にも知られ始め、私も「強制訓練」と言われるしつけ方に
罪悪感のような物を持っておりましたので
早速、ミスティーにも そのように対応しておりました。

 以前にも書きましたが、2歳前に主人を主たる飼い主にと考えた時、
ミスティーの心は壊れました。
『本当だろうか?』と信じられないと思います。
私も そのような犬がいるなんてと 信じられないのですから・・

 ミスティーは 散歩では どんな方とも どんな犬とでも
穏やかに接する事ができます。

 でも、その時は 一歩外に出たら、何もかもを全てが恐怖です。
酷い変わり様でした。
狂ってしまったという方が正解かもしれません。
1km先の音も怖い、自動車運転席に人がいるのも警戒。
他所の人が門から出ていらしても警戒吠え。
戸を閉める音さえも怖がるのです。

 それまで 毎日の散歩は欠かした事がありません。
しかも 十分な時間をです。
いろいろな経験もさせ、それまで多少のシャイは見られましたが
気にする程度では ありませんでした。
徐々に変化があったなら
私に 解ったはずです。
ほんの1週間で 変わってしまったのです。

 何がそうさせたのでしょうか。

 そして なにがミスティーから恐怖を
取り除いたのでしょうか。






 

 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/02/11 19:34】 | 我が家の犬猫たち
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。