上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ペロという極上なエサを 最初に与えておいて、犬の魅力から
抜けられなくなった私に、嫌がらせかい?と思うように
極端な性格の犬たちが やってきています。

 ミスティーに始まり、ヴァレリー、タム、ジェスロ。
全部異なっていて、良い勉強をさせていただいていると
考えていますが、体調の悪い時は ときどき
放り出したくなる時もあります。

 タムは 今の時間、外に係留しています。
「小型犬なのに」
「虐待?」

 タムも勉強中です。

 いろいろな考え方も方法もあるでしょうけれど。
今の私の実力は こんなもの ・・・
 犬の能力に頼っていくしかないのです。

 とはいえ、タムは すごく進歩しています。

何にでも吠え、咬みつき、虚勢を張っていたタム。
一度吠えだすと 対象がいなくなっても、止める事ができないで
いつまでも吠えていました。
それは 咬みつきという行為でも同じことで、相手を追いかけてまで
咬みついていかなければならないほどでした。

 彼の中で 自ら「止める」、
理性で行動する事ができなかったのです。
病める犬・・・

 今、彼は静かにしています。
いないのかと心配になって、確かめに行くこともあります。





FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2011/11/28 15:42】 | 犬里親様募集中
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。