上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 我が家の犬たちを見ていると、まるで
保護犬たちに 「メンタルケア」 をしているようです。

 意識していないでしょうけれど・・・

タムの場合をみて 「ほんと?」「いや、違うだろ」と
自問自答しています・・・

でも、まるで『タムの心の扉が開く』まで
待っているようなのです。


(長い時間がかかっていますが、それは私の力不足でしょう)

ミスティーたちを 褒めすぎ?

擬人化か?

IMG_5549.jpg



彼らにとって2年間は人と比べたら、もっと長い時間のはず。

それでも、いっこうに焦っていないようです。
のんびりと、タムの心の棘が無くなる日まで。


  社会化ができている犬というのは

お互い揉め事が起きないようにできる事なのだと思います。

 そう考えると、
ドッグランで たくさん走って、犬同士でガウガウ遊びを
したのは、まだまだガキンチョ という事だったのでしょう。


(タム、あと一本なんだけどなあ・・・)
これが 手ごわいんです。

今のままでは 飼い主さんを選びます。
接し方によって 戻ってしまうのです。

最後の一本を早く抜いてあげれば 幸せ犬道待っています・・・






 

FC2blog テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/06 15:26】 | 我が家の犬猫たち
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。